スマトラ マンデリン トバコ 200g

¥ 1,300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 佐川急便

    *離島、沖縄県への配送は「ゆうパック」での配送とさせていただきます。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,000円
    • 東北

      • 青森県 860円
      • 岩手県 860円
      • 宮城県 860円
      • 秋田県 860円
      • 山形県 860円
      • 福島県 860円
    • 関東

      • 茨城県 650円
      • 栃木県 650円
      • 群馬県 650円
      • 埼玉県 650円
      • 千葉県 650円
      • 東京都 650円
      • 神奈川県 650円
      • 山梨県 650円
    • 信越

      • 新潟県 700円
      • 長野県 700円
    • 北陸

      • 富山県 650円
      • 石川県 650円
      • 福井県 650円
    • 東海

      • 岐阜県 650円
      • 静岡県 650円
      • 愛知県 650円
      • 三重県 650円
    • 近畿

      • 滋賀県 550円
      • 京都府 550円
      • 大阪府 550円
      • 兵庫県 550円
      • 奈良県 550円
      • 和歌山県 550円
    • 中国

      • 鳥取県 550円
      • 島根県 550円
      • 岡山県 550円
      • 広島県 550円
      • 山口県 550円
    • 四国

      • 徳島県 550円
      • 香川県 550円
      • 愛媛県 550円
      • 高知県 550円
    • 九州

      • 福岡県 500円
      • 佐賀県 500円
      • 長崎県 500円
      • 熊本県 500円
      • 大分県 500円
      • 宮崎県 500円
      • 鹿児島県 500円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,000円
  • レターパック510(600g以内)

    600gまでのお買い物にご利用いただけます。手渡しによる配送です。

    全国一律 510円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

[中深煎り]
しっかりとしたコクと野性的な香り、滑らかなマウスフィールが素晴らしいコーヒーです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エリア : 北スマトラ島 リントン地区
標高 : 1,200-1,400m
品種 : ティピカ
生産処理 : セミウォッシュド(スマトラ式)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インドネシアのスマトラ島、北スマトラ州にある、TOBA(トバ)湖は、ほぼ赤道直下に位置し、南北100km、東西30kmの、世界最大のカルデラ湖です。湖面の標高は900mですが、カルデラ湖の特徴として、湖の周囲一帯は、標高900mから1,800mの高原となっており、まさにコーヒー栽培の適地と言えます。湖からの霧の発生が多く、乾季でも降雨が時折ある気候のため、年間降雨量は2,500-3,000mmと、やや多いですが、これが独特のフレーバーを生む要因かもしれません。

オランダが、同地にアラビカ種のコーヒーを持ち込んだのが、17世紀末、インド経由でティピカ種がもたらされました。主にジャワ島、スマトラ島でプランテーション栽培され、オランダに大きな富をもたらしましたが、20世紀初頭の「さび病」の大流行で、アラビカ種の栽培が出来なくなり、ほとんどがロブスタ種へと移行しました。 このとき、僅かにアラビカ種のコーヒーが生き残っていたのが、トバ湖南岸のLINTONG(リントン)から、更に南のMANDAILING(マンデリンと発音します)地区でした。栽培していたのは、同地に住むBATAK(バタック)人の一族のMANDAILING族と言われております。

スターバックスがマンデリンを本格的に使い出した1990年代以降、このTOBA湖の周りの標高950mから1,200mのエリアで、アラビカ種コーヒーの増産が進み、「マンデリン」、あるいは「SUMATRA(スマトラ)」として、広く輸出されています。生産量も50-60万袋/年と言われています。ただし、品種は、残念ながら時代の流れで、カティモール種がほとんどのため、独特の香りとBODY、苦味が失われています。

そういった中、MANDHELING 「TOBAKO」は、古くからの産地で、今なおティピカ系の樹が残っており、標高も1,200m以上の、トバ湖南岸のLINTONG(リントン)地区の豆にこだわって買い付け、精選しました。サイズも7mm upに揃え、「昔ながらのマンデリン」の香りと苦味・コク、そして重厚なアフターテイストを守った逸品です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価